« June 2005 | Main | September 2005 »

August 31, 2005

初ライブ

今、僕の中で密かに大ブームを起こしているアーティスト
その名は「akeboshi~明星~」です。

いきなり明星って言われても、わからない人もいると思います

一番有名なのは
TVアニメ「NARUTO」の初代ED
として採用された 「Wind」

この曲は僕もはまりました。
実際、僕も明星を知ったのはNARUTOが切っ掛けです。

あのなんともいえない独特のメロとボーカル
今の僕のBESTアーティストです。


んで、今日はそのライブに行ってきました。
場所は新宿LOFTです。

正直、コンサートには行ったことがあっても
ライブは初めてだったんでかなり動揺してました。
だって新宿LOFTと雑貨屋のLOFTを混合してたくらいですから・・・

あ~~メッチャ恥ず!!!

とにかく、会場10分前には到着できたんで良しとしました。
いざ、ライブが始まって見ると面白いモンで・・・
CDと違った感じで案外楽しめました。

しかし、やっぱり普通のロックバンドは僕向きではないようです。
明星のほかに2つのグループが参加してたのですが
どうも、あの体中で受け止める振動が苦手で・・・

明星の時は同じ音量のはずなのに全然そんなのなかったんですけどね。

まっライブは楽しめたし、新情報GETしたし問題なし!!

その新情報とは、10月にNEWシングル発売予定とのこと!!
いいね!早く聞きたいよ!!!

今回のライブでは改めて明星の良さを身に染みました。
そして、この感覚に味を占めた僕は
9月のライブにも行こうかどうか本気で悩んでます。

あ~~~~テストどうしよ?????

| | Comments (1197) | TrackBack (0)

August 22, 2005

新橋で・・・勧誘???

さて、久方ぶりとなります。
今日は、バイト帰りに出逢った人について書きたいと思います。

今日もお台場の仕事の帰りに新橋から日比谷までの歩きの途中
って言っても新橋の駅の下ですが、いきなり

「手相の見習いをしていて、無料で見てるのですが協力してくれますか?」

と、若い男性から声をかけられました。
僕としては、手相を無料で見てくれるだけなら良いかな~って思い

「いいっすよ!」

と、2つ返事でOKを出す。
そして、話を進めるうちに・こんな事を言われた

「君の手相には、今年頃に転換期が来てます。」

そして、携帯の着信があると言っていなくなったと思ったら
別の女のを連れてやって来た
更に立て続けに

「氏名・生年月日・血液型を教えてくれれば、
             我々の先生に詳しく聞けますが?」

との事、『着信→女の出現』って段階で怪しかったのですが、
名前とか生年月日・血液型なんて、ここのブログでも公開してるし
調べれば直ぐにわかることだし良いかなって思って、OKを出す。

すると、電話でその先生とやらに聞き始めた
そして、結果やはり今の時期に転換期があるとの事・・・

『怪しい~~~~~~!!』

さらに、こんなことを立て続けに言い始めた

「先生に会って見ませんか?」
「忙しい方なんで、連絡先を教えて頂ければ空いた時間に連絡します」


俺は思った・・・『ヤバイ』


そして、俺は逃げた。


これを皆さんはどう思うだろうか?
かなり、怪しいよね。
話の節々でどこに住んでるの?とか聞かれるしさ。

結局、そん人の連絡先だけメモって帰ってきました。

「氏名:本多 司
 電話番号:070-5541-****
 アドレス:******************@pdxne.jp」

一応、本当に手相鑑定の見習いってこともあるので
氏名以外の部分は伏せました。

さて、これから携帯の料金が以上に高かったり、
いつの間にか借金してたり、預金が増えてたら
この人のせいにしよ♪♪♪♪♪

奴らに教えた自分の個人情報はここにあるからって
無用心すぎただろうか?


PS:以前の記事で日航機墜落のことを取り上げた際に
   コメントを頂きました。
   結果、録画はしてないです。スイマセン。。。

| | Comments (5741) | TrackBack (4)

August 15, 2005

終戦60周年

さてさて、日航機の時と同様に記念日がやってきました。
終戦60周年のこの時です。

この終戦記念日は、連合国(特に中国)にとっては勝戦記念
朝鮮半島にとっては、開放記念?
日本にとっては、敗戦記念。

しかし、勝った負けたの占領だ開放だの
そんなくだらないことを今も言っているのは韓国と中国だけって事に
お気づきだろうか???

日本やアメリカ、ドイツなど世界の各国は戦争の勝ち負けよりも
戦争の悲惨さを学んで来ていると言うのに
中国も韓国も何もわかっていない。
世界の戦争に対する考え方から遅れていることに気づいていないのだろうか?


まっそんな事より、バカな昔の日本の政治家に踊らされた徴兵の人々と
愛国教育を受け、政治家の思いのままになった昔の学生と
結果、戦争の被害を受けた一般の日本国民の皆様の魂よ
安らかに・・・。
そして、これからも、日本の平和を見守っていただけるように


       黙祷


てっことで
おやすみなさい。

| | Comments (579) | TrackBack (0)

一日遅れの報告

さてさて、一日遅れの報告とはもちろん東京湾の花火大会のことで
なかなかのモンでした。

その日の自分の行動はハードなものでした。
朝から夕方までバイトをし、終了後にゆりかもめで汐留までいきました。
その途中、すしずめ状態の車内でヨドバシカメラのCMソングを歌う少年を見つけ
孫びいきのおばあちゃんが、一緒に歌ってました。

んで、その後すしずめ状態の大江戸線に乗り、勝どきで下車。
混雑する中、牛歩で晴海の第二会場まで行きました。

さんざん迷ったあげく、第二会場は満員のための入場規制
しかし、入り口のねーちゃんは、満員のプラカードを持ってても
何も言わないので、スルーで第二会場に突入成功。

そして、差し入れのビールを買って、友達のいる場所までいきました。

さて、そろそろ花火大会の話ですが「言うより見るが安し」・「百聞は一見にしかず」
と言う言葉もある通り、デジカメの画像を載せるのでご堪能あれ!
(クレームは、受け付けません。)

2005_081320050055

2005_081320050050


って感じです。
画像載せるのに時間がかかるので、二枚で勘弁です。


余談ですが、
以前の記事で話したバイトの先の気になる女性、
やはり、自分は昔から「一番と思ってたものは実は大したことなく、
二番と思っていた者が実は一番だった。」が多発していて
今回も、それが当てはまり、やはり仕事仲間でメルアドも知っているこの方が
全然、良いかも知れないなと気づいた今日この頃です。

| | Comments (319) | TrackBack (0)

August 12, 2005

日航機墜落20周年

タイトルにあるように、今回の記事では
20年前の御巣鷹山日航機墜落事故の話をします。

この事故の話は、色々な人の思いがあるので
記事の書き出しをどうするかを真剣に悩みました。

悩んだ結果、まず最初に事故で亡くなった乗客・乗員に


          黙祷


そして、僕の考えの中で一番この記事を読んでくれている
みんなに理解して欲しいことは、

「事故の追求は、犯人捜しではない」

ってことだ。
実際のところ僕自身に飛行機や事故の知識が全然ないので
受け売りでしかモノを言えませんが、
上の言葉は、今日のTBSでO.Aされたドキュメンタリ「ボイスレコーダ」で
日航機の元機長で今直、事故原因を追求している方の言葉でした。

彼の名前は、藤田日出男さん
藤田さんの下には元日航機の機長と言う事もあり、色々な情報が入ってくる。
その中には、絶対非公開とされているボイスレコーダと
廃棄処分が決定したはずの事故調査委員会の調査資料もあった。
また、長年の独自調査に興味を持って人が集まってくる。

藤田さんは、集まった資料や人材を生かして、まだ見ぬ事故の真実を
いまだに捜している。

僕は、ボイスレコーダを5年前のTV公開の時に、リアルタイムにTVで聞いていたのですが
このドキュメンタリを見て改めて実感したのは

「確かに乗客には何の責任もないし、その乗客を預かりその便の全ての責任を
 持っているのは機長にある。
 しかし、乗員も頑張った。最後の最後まで乗客の命を考え仕事に専念した。
 そんな彼らにどんな非難の声があるだろうか?524人の命とその後ろにある命を
 双肩に乗せて舵を握り最後まで諦めなかったクルーは責任を追及すべき罪人だろうか?」

20年たった今は機長たちを責める声は聞かなくなったが、忘れてはならない事実だと思う。
そして、藤田さんは言った「事故原因の追求は、犯人捜しや責任追及ではない」と・・・。


もう1つ。
実は、フジテレビでも日航機墜落のドキュメンタリ
「8・12墜落~20年目の誓い~天国にいるわが子へ」がO.Aされました。
TBSのボイスレコーダが日本航空側だとすると、フジのは乗客側と言えるでしょう。
フジテレビのほうはまだ見終わってないので僕の感想は述べれませんが、
どちらの番組も偏りがありつつも乗員・乗客の両方の目線で遺族の思いを映していました。


この先、僕は名古屋で旅客機や戦闘機を造る仕事に就く。
僕の肩には、何が乗っているのだろうか?
家族?親戚?それとも、この事故で亡くなった人々やその遺族?または自分自身?
もしかしたら何も乗っていないのかもしれない。

僕はこの疑問の答えを探しながら、これから生きていくのだろう。
しかし、いつかは見つけなければならない。
でないと、僕の手でまた20年目の日航機墜落事故が起こしてしまいそうでたまらない。


僕は、今の時代の日本のトレンドはデザインと建築だと思っている。
両方とも航空機とは関係ないけれども、関係ないけれども、
関係ないからこそ知っていて欲しいと思う。

これは、あくまで僕のみの意見だけど、皆はどう思うだろうか?
色んな人の思いが錯綜した事故だから、色んな人の意見が聞きたいと思う。
機会があった聞かせて欲しい。

今、僕の住んでいる東京の夜空には大雨が降っています。
20年という節目の年に、遺族の思いや亡くなった人々の思いをドキュメンタリ番組として
形に残し、全国ネットでみんなの記憶に残すこの企画に、亡くなった人・残された人の
色んな思いが、心の涙がこの雨となっているのかも知れませんね。

| | Comments (845) | TrackBack (0)

しょぼ~ん

皆様、こんばんは。
二日連続で記事を書くなんて珍しいオレに感動中です。

さて、今日のバイトの帰り道になんとも羨ましい男の話を聞いたので書いときます。

去年、お台場のバイトで一緒に働いていたM氏のお話ですが、
まず彼の特徴は、
・性格:良い?
・頭:良い
・仕事:できる
・体系:標準
・顔:ん~普通?

こんな彼ですが、、、←勝手な分析。。
その現場の可愛い子は皆、彼を好きになるようです。
そして、女の子の方から行動を起こしてしまうそうです。

ん~~~どういう事でしょうか?そういう星の元に生まれたって事でしょうか?
なんにしても、なんとも羨ましいことですね・・・ヤキモチ。


さて、話は打って変わって自分の話です。
前回の記事で2番目に示した、気になる女性ですが
今日も5㎜のガラスに挟まれ会話の1つも出来ませんでした。
これは、もう脈なしですかね~?

ちなみに、3番目の女性とは今日メールはしたんですが、最後が微妙だったんですよね。
俺、しつこかったかな? ←上のM氏とは大違い。。。

まぁいいか。明日は明日の風が吹くですね。
それでは、皆様おやすみなさい。

| | Comments (135) | TrackBack (0)

August 11, 2005

うぉぉぉぉぉぉ~~!!!

お久しぶりです。
ここへの書き込みも数えてみれば一ヶ月以上も途絶えてますね。

色々あったんですよ。

学校のテストがあって、夏休みが始まって、バイトして・・・
そのバイトの合間にも仙台に行って、隅田川の花火大会に行って、
今度は東京湾。。。

今、思い返せば大変でした。

学校のテストではてんやわんやでひどい点を取り、
夏休みが始まってバイトが始まると毎日5時半起き、
隅田川の花火大会では朝までカラオケに行って、朝帰りでバイトに行って・・・

ぐほっ!!今考えると痛々しい。。。。

特に花火大会の時は本当に辛かったよ~
隅田川の花火大会を見に友達の家に言ったは良いものの
流れでカラオケに行くことになり、時間的にオール以外にすべはなく
時間を気にしつつも十八番の反町隆史のFoeverを唄ってストレス解消!

気がついたら4時半で、浅草の店からタクシーで神田に行き、
近くのコンビニで始発までの時間をつぶし、中央線の始発で新宿駅へ行き、
小田急線で地元の最寄まで帰りました。

実際に家に帰ったのは5時半をまわっていて、朝帰りの朝シャンを浴びて
お台場のバイトに行ったは良いものの、眠くて眠くて最低でした。

いや~仕事を疎かにしちゃ良くないすっね~。


そして、今日の8月10日(もう昨日だ・・・)は自分の誕生日で、
彼女のいない自分は、一人寂しくお台場で映画を見て過ごしましたよ。
見たのは、「亡国のイージス」です。
映画の評論家でもない自分が言うのもなんですが、正直オススメできません。

亡国のイージス・・・
話のポイントとして、国家とは何か?平和とは何か?
平和を守るのが軍事だとすると「相手の攻撃なくして、攻撃できない日本の軍事」とは
軍事と言えるのがろうか?そして、そんな軍事を抱える日本は国家といえるのだろうか?

と、話の内容は良かったのですが、出だしが良くなかったです。
入り口が三つのトンネルに入ったと思ったら、そのトンネルは途中で止まっていて
実は別のトンネルの中にいて、最後の最後に全てのトンネルが統一されるという
トータルでの流れに矛盾が生じていて、イマイチな出来でした。

ま、彼女もいなく一人寂しく映画を見ている人間の言うことなんてたかがしれてますよね。
あ~彼女が欲しいな~~~~。


そういえば、今働いているお台場のバイトの現場で、気になる女性が3人います。
一人は、とても可愛い人で自分には高嶺の花で単なる憧れ。
一人は、同じ現場の別会社の人で自分との間には、厚さ5㎜のガラスが常にあり話をするチャンスなし。
一人は、既にメルアドも交換して本当に稀にだけどメールをする同現場・同会社の方。

3人もいるなんて、贅沢な奴ではあるが、気になるのは仕方がない。
しかし、自分は誰に思いを伝えるべきかでなく、別のことで悩んでます。
それは、就職のことです。

以前の記事にも取り上げたように、自分は三菱重工業㈱名古屋航空宇宙システム製作所に内定しました。
社名からもわかるように、会社の所在地は愛知県名古屋市です。

つまり、今彼女を作っても半年度には遠距離恋愛になってしまうのです。
普通の人なら、遠距離が怖くて恋愛が出来るかと言う事は重々承知なのですが、
自分は今まで、恋愛未経験の人間(年齢=彼女いない暦)なんで遠距離が怖くて溜まりません。

さて、どうしたものか・・・。彼女もこのブログを見ているだろか?
ともかく、その内告白してみようかな。


来年の誕生日は一人でないことを切に願う今日この頃です。

| | Comments (210) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | September 2005 »